3D プリンター

3Dプリンター Ender3X購入してしまった・・・【レビュー】

投稿日:

こんにちは

ラウィです!

 

先日5台目の3Dプリンターを買ってしまいました。

購入したのは2.7万円のFDM式3Dプリンター「Creality Ender3X」という機種です。

今回は「Ender3X」について簡単にレビューしていきます。

 

購入理由

今回3Dプリンターを購入したのは、改造用のプリンターが欲しかったからです。

他4台プリンターを持っていますが、改造しやすい中華製品ではなかったり、光造形機なので改造できる機体がありませんでした。

 

Ender3 シリーズにも何種類か販売されていますが、「Ender3」、「Ender3 Pro」は触れたことがありましたが、「Ender3X」使ったことがないので、3X の性能を知りたかったのと、

Ender3シリーズは世界でも結構使われている機体なので改造例が多いので、改造しやすいと考え、「Ender3X」を購入しました。

 

あと、SDカード挿入口が前面にあるのと、ガラスのプラットフォームなのも3Xにした理由です。

普通のEnder3だとSDカード挿入口が背面にあるので、めちゃくちゃ使いづらいです。

Wifiでデータを送って造形できるようにするか、SDカードの延長ケーブルを付けないと不便です

ちなみに所持しているEnder3にはSDカード延長ケーブルを使用しています。Wifiにすると結構お金かかるので・・・

 

開封

およそ530*380*200mmのダンボールで届きました。

フレームはアルミなので、そこまで重くないです。大人の男性の方でしたら、余裕で持ち運べると思います!

中身には衝撃吸収材が入っており、壊れることがないような梱包がされています(写真撮り忘れました・・・)

ただ、中国で製造されたものなので、多少の初期傷はあります

 

中身は組み立てられた土台と、アルミフレーム、線などが入っていました。

あと、紙ベースの組み立て説明書も入っていましたが、日本語のものは入っていませんでした。付属しているSDカードの中に入っているみたいなので購入した際はお気をつけください。

ちなみに、私は何も見ずに直感で組み立ててしまいました。説明書読まない主義です(笑)

 

組み立てにプロセスについては省略させていただきます

 

本体

本体はこんな感じです。

 

組み立て自体は2時間かからずにできました。

機械組み立てるのは苦手だという方には、あまりオススメできないかもしれません。

慣れている方は簡単に組み立てられると思います!実際に出来上がると達成感があって楽しいです(笑)

 

大きさは家庭用3Dプリンターにしては大きすぎず、小さすぎずっていう感じです。The フツー

寸法などの詳細はAmazonの販売ページを参照してください

 

プラットフォーム

Ender-3Xの大きな特徴はプラットフォームが特殊になっています。

特殊というのは表面がボコボコになっていることです。

普通のガラス表面だとツルツルしています。オブジェクトが綺麗に仕上るのですが、摩擦がなく、造形が難しいのが弱点です。

が、この機体の特殊なプラットフォームは凹凸があるので、樹脂がしっかり接着してくれます

あと、購入してから気づいたのですが、通常(硬く、ザラザラ感触)のプラットフォームも付属していました。

プラットフォームの予備になるのでありがたいですね(笑)

操作パネル

LCDを使った操作パネルを採用されています

回転して、押せるボタン1つしかないので、直感的に操作が可能です!

英語なので苦手な方は日本語の説明書を読むといいと思います。

パソコンからも3Dプリンターを操作可能です

 

ソフトウェア

操作するためのソフトはCuraというソフトを使用します。とても有名で優秀なソフトなので、検索すれば簡単に導入することができます。

最初はサイトで記載されているパラメータでいいと思いますが、パラメータを細かく調整できるので、改造したいときや、精度を上げたいとき、珍しい材料を使うときに適しています。

使い方はネットに沢山落ちているので、細かいことは省略させていただきます!

 

動作

YouTubeにて動作をしている動画を投稿しましたので、ご参考下さい!

他社の3Dプリンターに比べてかなり静かだと思います。だいたい40dB~50dBでした(スマホアプリでの計測値)

自分が一番最初に購入した3Dプリンターは70dBくらいなので、めっちゃ静かに感じます(笑)

少し改造するとさらに静音化できるので、マンションなどでも運用できるかと思います。

 

ちなみに、動画にて造形したのはガンダムエアブラシシステムスタンドの台です。写真貼りましたのでイメージしていただければと思います

 

ガラスのプラットフォームということもあり、かなり綺麗な仕上がりだと思います!

他にもテンセギュリティ構造のオブジェクトやダミードライブレコーダーのケースも作ってみました

 

まとめ

私は12種類ほどの機体を弄ったことがありますが、2.7万円でこの完成度はかなり凄いと思います!今回の記事ではノズル周りや、その他機能について多く触れませんでしたが、かなり高品質なものなので長期間使っても簡単には壊れないと思います。ただ、乱暴に扱ったりすると故障したりするので注意が必要です。(もし、故障などありましたら、問い合わせてくだされば可能な範囲でお答えします!)

精度の高い造形ができ、ローコストで購入、ランニングできるので個人的にはかなり気に入った機体です。

Enderシリーズはどれも完成度が高いので結構オススメな品種です。

特にEnder3Xのプラットフォームは扱いやすいので、この記事を読んで気に入った方は是非購入してみてください!

長くなりましたが、最後までご覧くださりありがとうございました!

オススメ記事

-3D プリンター
-, ,

Copyright© LAWI BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.